ミドリムシとは

標準

ミドリムシはユーグレナとも呼ばれる単細胞生物で、植物としての特徴と動物としての特徴を併せ持つため、理科の教科書によく取り上げられています。田んぼや池などの淡水ではよく見られる身近な生物ですが、近年様々な利用法が研究されている注目の資源でもあります。

ミドリムシの効果はまだ研究段階のものも多いですが、人間や養殖の魚などのための食用を目的とした研究が進んでいます。豊富な栄養を持っていることがわかったため、栄養を補助するためのサプリメントに利用されている他、養殖や畜産などの一部でユーグレナ配合飼料が使われています。まだ研究段階ではありますが、将来的にはジェット燃料の原料として使えるようになると言われています。トウモロコシやサトウキビと並び、環境に優しいバイオ燃料として注目されています。

体長0.05mmという非常に小さな生物ですが、豊富な栄養を含んでいるため食品としての可能性もあります。実に59種類もの栄養素を持ち、ビタミンやアミノ酸、ミネラル、脂肪酸など人間が生きていくために必要な成分のほとんどが含まれています。そのため現段階ではまだ足りない栄養を補助するためのサプリメントとしての目的がほとんどですが、将来的には完全栄養食として食事の代わりにすることができると言われています。

現段階でもサプリメントなどの限定的な用途ではありますが、ミドリムシが利用されるようになってきています。ミドリムシを摂取することによって、身体にはどのような効果が表れるのでしょうか。